影鷹 - アプレットの使い方

概要

自分の Web ページに影鷹アプレットを配置するまでは、アプレット版のインストール を参照してください。

作った HTML がうまく表示されなかったり、した場合は、Java コンソールを参照してください。Java コンソールは Internet Explorer の場合は「表示」メニューに有ります。もし無い場合は、「インターネットオプション」の「詳細設定」で「Java コンソールの使用」をチェックし、ブラウザを開き直してください。Sun の Java Plug-in をインストールしている場合は、「ツール」メニューの「Java コンソール (Sun)」を使用します。Mozilla の場合は、「ツール」メニューの「Web 開発」に有ると思います。

諸注意

アプレットの場合、どういった環境の人がアクセスするか分からないので、なるべく注意して作る必要があります。注意点を上げます。

  1. 影鷹で表示する HTML は Shift_JIS か iso-2022-jp にする。

    Microsoft の JavaVM は EUC-JP を読み込めないので注意してください。UTF-8 は Netscape の 4.x 系で読むことが出来ません(使っている人はほとんどいないでしょうけど)。

  2. 1ページを小さくする。

    FAQ にも載っていますが、画面の長さが長いと、メモリー不足により表示できなくなってしまいます。「影鷹アプレットで表示されないことがある!」を参照してください。

パラメータ

<param> タグで指定できるパラメータを説明します。このパラメータは、次のように <applet> タグで囲まれた中に指定します。

  <applet ... 省略 ... >
    <param name="パラメータ名" value="値" />
    <param name="パラメータ名" value="値" />
  </applet>
パラメータ名 省略時 効果
url (無し) アプレットが起動直後に読み込むファイルの URL を指定します。
font SansSerif-plain-14 この指定は font.sans-serif に変わりました。(バージョン 0.4 の時点ではまだ有効ですが、将来廃止される予定です)
font.serif Serif-plain-14 serif を指定した場合に使用されるフォントを指定します。下記のフォントの指定方法 を参照してください。
font.sans-serif SansSerif-plain-14 sans-serif を指定した場合に使用されるフォントを指定します。下記のフォントの指定方法 を参照してください。
font.cursive SansSerif-plain-14 cursive を指定した場合に使用されるフォントを指定します。下記のフォントの指定方法 を参照してください。
font.fantasy SansSerif-plain-14 fantasy を指定した場合に使用されるフォントを指定します。下記の フォントの指定方法 を参照してください。
font.monospace Monospaced-plain-14 monospace を指定した場合に使用されるフォントを指定します。下記のフォントの指定 を参照してください。
font.style sans-serif デフォルトで使用するフォントファミリーを指定します。serif, sans-serif, cursive, fantasy, monospace の中から指定します。HTML 中で FONT タグや、CSS の font-family で切り替えることが出来ます。
addressbar true アドレスバーを表示するかどうかです。true, false が指定でき、false が指定された場合のみアドレスバーが表示されなくなります。
scrollbar true スクロールバー表示するかどうかです。true, false が指定でき、false が指定された場合のみスクロールバーが表示されなくなります。
spin false 画像を回転させるかどうかです。true, false が指定でき、true が指定された場合のみ回転して表示されます。true が指定されている場合、各画像が回転させるかどうかは、spin. で始まる他のパラメータに依存します。
spin.gif auto このパラメータは、spin パラメータに true を指定した場合に有効です。回転させる画像の中でも、GIF 画像を回転させるかどうかです。下記の 画像の回転指定 を参照してください。
spin.jpeg auto このパラメータは、spin パラメータに true を指定した場合に有効です。回転させる画像の中でも、JPEG 画像を回転させるかどうかです。下記の 画像の回転指定 を参照してください。
spin.png auto このパラメータは、spin パラメータに true を指定した場合に有効です。回転させる画像の中でも、PNG 画像を回転させるかどうかです。下記の 画像の回転指定 を参照してください。ただし、多くの環境で PNG 画像は表示できません。
spin.* auto このパラメータは、spin パラメータに true を指定した場合に有効です。回転させる画像の中でも、GIF、JPEG、PNG 以外の画像を回転させるかどうかです。下記の 画像の回転指定 を参照してください。
swapdecoration false テキスト修飾ラインの左右位置を交換するかどうかで、true, false が指定できます。テキスト修飾ラインとは、スタイルシートの text-decoration による修飾で、リンクの左側(通常のブラウザでは下側)に表示されるラインがこれに相当します。true が指定された場合、通常は左(通常のブラウザでは下側)に引かれるラインが右側に表示されるようになります。デフォルトでは、レイアウトを右に90度回転させるために、下線は左側に引かれますが、「縦書きの線は右側が普通」という人は、このパラメータを true にしてください。
loglevel 10 ログのレベルを 0 - 10 の範囲で指定します。10 はエラー以外表示されませんが、数が少なくなるにつれ、冗長になります。このログは、Java コンソールに出ます。Web ページの作者が、HTML を検査するのに利用すること想定しています。従って、インターネットで公開するときは、このパラメータを削除してください。このパラメータは暫定的なもののため、将来変更されるかもしれません。
フォントの指定
フォント指定文字は、Java の Font.decode(String) メソッドが解釈できる文字である必要があります。この書式は、おおむね「フォントファミリー名-スタイル-サイズ」となっています。フォント名は SansSerif, Serif, MonoSpaced, Dialog のいずれかです。マシンにインストールされているフォント名を直接指定すると、環境によって表示されません。スタイルは、plain のみ指定できます。
画像の回転指定
all, auto, no を指定でき、all を指定した場合は、その画像タイプすべてが回転されます。auto は、画像の大きさ、縦横比によって回転するかどうかが決まります。no は、その画像タイプは回転されません。

spingif, spinjpeg パラメータは、バージョン 0.4 で削除されました。

追加機能の組み込み

気付いたかと思いますが、lib ディレクトリの下には、kagetaka-old-applet.jar 以外にも、アプレット用の jar ファイルがあります。それぞれ次の特徴があります。

ファイル名 効果
kagetaka-old-applet.jar - 通常の影鷹アプレットの jar ファイルです。下記の「○」が付いたファイルを含んだものと同等です。
kagetaka-old-applet-basic.jar 影鷹アプレットの jar ファイルですが、基本的な機能しか持っていません。
kagetaka-old-applet-ruby.jar ルビをサポートする追加ファイルです。
kagetaka-old-applet-table.jar テーブルをサポートする追加ファイルです。
kagetaka-old-applet-form.jar × フォームをサポートする追加ファイルです。Mocrosoft の JavaVM では、GET は出来ますが POST が出来ません。<form method="post"> としていないか気を付けてください。
kagetaka-old-applet-style.jar スタイルをサポートする追加ファイルです。
kagetaka-old-applet-cookie.jar × クッキーをサポートする追加ファイルです。これを組み込んでも、Microsoft の JavaVM ではクッキーを利用できません。注意してください。

「標」の欄が「○」になっているものは、標準(kagetaka-old-applet.jar)で組み込まれている機能です。「×」になっているものは、別途追加で組み込む必要があります。

標準で組み込まれている機能で要らないものを削る場合には、kagetaka-old-applet.jar ではなく、kagetaka-old-applet-basic.jar を使い、必要な他のファイルを指定します。こうすることにより、訪問者がダウンロードする jar ファイルのサイズを減らすことが出来ます(微々たるものですが)。

指定方法ですが、applet タグの archive 属性にカンマ「,」で区切って複数指定します。例えば、テーブルだけを利用する場合は次のようになります。

  <applet
      code="net.hizlab.kagetaka.applet.HawkApplet"
      width="600" height="480"
      archive="kagetaka-old-applet-basic.jar,
               kagetaka-old-applet-table.jar">
    ...
  </applet>

このように、サポートする機能を個別に指定する場合は、kagetaka-old-applet.jarkagetaka-old-applet-basic.jar のいずれかが必ず必要です。また、kagetaka-old-applet.jar を指定しているのに、すでに含まれている機能の jar ファイルを指定するのもやめてください。

私たちは、basic ファイルが、まだ大きいと考えているので、将来 basic でサポートする機能を、もっと少なくする可能性があります。バージョンアップ時には、NEWS ファイルを必ず見るようにしてください。

Copyright (c) 2002-2005 The Kagetaka Project