影鷹 - 動作環境

概要

影鷹は Java で作られているため、Java 実行環境が必要です。Java のバージョンは 1.1 以上であれば動くように作っているつもりです。基本的には、Sun Micorosystems, Inc(以下 Sun)の J2SE の JRE(または SDK) がインストールされていれば動きますが、アプレット版に関して言えば、ブラウザに付属している Java 実行環境で動く場合もあります。

影鷹アプレット

まずは、Windows 版の話です。Internet Explorer であれば 4.0 から、Netscape Navigator であれば 4.06 から動くと思います。Netscape 6.0 以降 や Opera は、Sun の Java Plug-in(JRE に相当)が同梱されているバージョンがあります。これも問題有りません。しかし、Internet Explorer 6.0 が最初からインストールされている場合(Windows XP など)や、Mozilla、Netscape 6.0 や Opera で Java Plug-in が同梱されいていないバージョンを使っている方は、J2SE JRE の入手 を参考にしてください。あるいは、Windows XP 上での Internet Explorer の場合は、Windows Update でも入手可能です。この場合は、「JavaVM の・・・」と表示されているかもしれません。

Linux であれば、Mozilla と Sun の Java Plug-in との組み合わせで動くでしょう。その他の UNIX については、ちょっと分かりません。Mac OS X はたぶん出荷された状態で動くでしょう。OS X 以前の Mac は、MRJ をインストールする必要があるでしょう。残念ながら、現在開発者の中に Mac 使いがいないので、正確なところは分かりません。

OS ブラウザ 初期 Java Plug-in 備考
Windows XP Internet Explorer × Windows Update でも可
Mozilla ×
Netscape 4.06 以上, Opera (1)
Windows 2000, ME, NT, 98 Internet Explorer
Mozilla ×
Netscape 4.06 以上, Opera (1)
Linux (Intel) Mozilla (2)
Solaris Mozilla (2)
Max OS X ほとんどのブラウザ × Apple の Java on Mac OS X を参照
Classic Max (8, 9) ほとんどのブラウザ × × Apple の Mac OS Runtime for Java (MRJ) を参照
  • (1) Java サポートを一緒にインストールした場合
  • (2) OS インストール時などに J2SE(または Java 1.1.x) の JRE, SDK などをインストールした場合

影鷹ブラウザ

多くの場合 J2SE の JRE というソフトをインストールします。J2SE JRE の入手 を参考にしてください。

Copyright (c) 2002-2005 The Kagetaka Project